2016年10月

11月の演奏予定

思い出したように陽光が肌を温めるような、気まぐれな季節が続いておりますが皆様いかがおすごしでしょうか。


十一月はワークショップ・セッションとそれに付随するミニライブが主な活動になります


僕の世代はジプシー・スウィングジャズ、ジャズマヌーシュなどと呼び習わされるこのジャンルを初めて「自分のギター演奏の基準にする選択肢を得た」世代です、ギタリストとして独り立ちしてから、この音楽を習得するとなると、ピッキング等あまりにも他のジャンルと違うため、生活を捨てざるをえません。


情報化社会に生まれ、中学生のときからYoutubeを見ながらStochelo Rosenbergのソロをコピーする、なんてチャンスに恵まれたことを感謝します、生意気かもしれないのでこれを言うのはちょっと怖いけど、もう僕にとってマカフェリギターでジャズマヌーシュの曲を弾くことは身体に染み付いた技術となりつつあり、これから先、フルアコでジャズの曲を弾くなど、何か他のことをしようにも絶対その技術が基準になると思います、そして「音楽人生の最初にマカフェリギターとジャズマヌーシュを選び得た自分」にはいつか日本人に向けてこのギターの奏法を分かりやすく解説する使命があると思っています。

 

そんな僕のワークショップですが、内容としてはマカフェリの構え方・楽器とピックのホールド・ジャズマヌーシュにおけるピッキングの法則、など基本的なことを押さえ、マイナースウィングを題材に初心者用・中級者用・上級者用と三種類のヴォイシングでポンプを練習し、最後は1937年録音ヴァージョンのジャンゴ・ラインハルトのソロを1コーラス採譜したものを解説していきます。


最後の「ジャンゴのソロの解説」ですが印刷した五線譜とTAB譜に指番号・ピッキングのアップorダウン記号まで僕が書き加えたものをコピーして配布します、ここまで掘り下げたものはないと思うのでオススメです、解説しながらジプシーピッキングの法則を明らかにしていきます!


最後にひとつ付け加えますと、現在Youtubeでは何人もの世界的なギタリストがオンラインスクールを開設しており、彼らの珠玉のソロの映像・音源・譜面をメインコンテンツとして扱っていますが、明らかにされた彼らのソロを「どうやって弾くか」、そもそもマカフェリギターってどんな風に弾けばデカくて綺麗な音で鳴らせて、あの速弾きはどうなってるのか、僕のレッスンやワークショップはそこにコミットする内容になっております。


「Rosenberg Academyでたくさん良いソロを学んだけど、全然弾きこなせない」そんな人が補助的な意味で僕のワークショップを利用してくれたらこんなにうれしいことはありません。


今一番力を入れている方面なのでちょっと語り過ぎてしまいましたが、以下詳細です。


あれ


こちらはセッションが主体のワークショップになります、ベースの今給黎さんが発起人となって「より音楽的なセッション」を目的にワークショップを織り交ぜる形のセッションイベントになります、おすすめです!僕のギターに対するフィジカル面のこだわりにも触れていきます!


11/12

さくらジャンゴラインハルト フェスティバル セッションvol1


さくらジャンゴ・ラインハルト・フェスティバルは栃木県さくら市にて、毎年7月に行われる、「ジャンゴ・ラインハルト」を創始とするフランスのジャズをテーマにした音楽祭です。

ミュージシャンの協力を得て、栃木県でプレイヤー、スタッフ、リスナーを募るため、ワークショップとセッションを企画いたします。
今回はギター中心ですが、コードなどのレクチャーもありますので、ギターに限らず、楽器を持ってお気軽にご参加ください。

2部構成になっております。
第一部、第二部どちらも参加の方は参加費5000円となります

第一部
ワークショップ&セッション@宇都宮 風見鶏
日時:2016年11月12日(土)
   14:30~17:00...
参加費:ドリンク付き2500円
会場:栃木県 宇都宮市 中央 1-6-9  風見鶏 (東武宇都宮駅より徒歩5分)

第二部
ミニライブ$交流会@さくら市 布羽鈴~FUWARIN
日時:2016年11月12日(土)
   19:00~
参加費:3000円(飲み放題、おつまみ付) 
会場:さくら市蒲須坂631-4 (JR蒲須坂駅より徒歩5分)
※第二部のライブは投げ銭制になります。

セッション・ワークショップホスト プロフィール

今給黎久美子(ベース、ギター)
武蔵野美術大学入学後コントラバスを始める。Jazz manouche のスタイルを中心に国内外の演奏者と共演。本場フランスにおいてもセッション・ライブ経験を積む。コントラバス・編曲を水谷浩章氏に師事。 ジャンゴが演奏していた王道のジャズ・マヌーシュ・バンドOriental Shuffleを中心に日本中で活躍中。

山本 大暉(ギター)
1992年、福岡県出身、現在は東京在住。
中学二年生の時ギターを始める
当初はJack Whiteに影響されDelta Bluesばかり演奏していたが一年後Django Reinhardtの影響でJazz, Manouche Swing,に傾倒。
都内を中心に自身のトリオやジャズマヌーシュユニットLa corneille等で活動中。

※お店でのご予約等は受け付けておりません。お問合せ、ご予約はこちらまでお願いいたします↓

お問い合わせ、ご予約先
さくらジャンゴ・ラインハルト・フェスティバル実行委員
担当:高野
080-3603-3647
sakura.drf@gmail.com


スポンサーサイト

10月の演奏予定

暦の上ではすでに秋ですが、まだまだ暖かい日が続いております、皆さんいかがお過ごしでしょうか。


相変わらず月一~二回のペースですが、12月まですばらしい演奏者との予定を色々と戴いており楽しみにしています、十月はこないだ自身のトリオでアルバム「18yo」を出したばかりの大崎源太くんとのトリオ編成での演奏があります。


彼とは去年の冬に広尾のカフェでデュオライブをしたのが最後にご無沙汰していましたが、こないだリハーサルで会うと、短い間での彼の音楽性の変化に驚かされました、お楽しみに。


今回の演奏では僕が中川さんとリズム隊を組み、源太くんのスモーキーなヴォーカルとギターソロをバックアップします。


以下詳細です


http://mojo-m.com/schedule

10/22

所沢mojo


Open 19:00 Start 20:00
予約2500円 当日3000円


出演
ARCANA 山下topo洋平(Quena,Zampona) 鬼怒無月(g) 上野山英里(p)
ケーナ奏者、山下Topo洋平を中心にギタリスト鬼怒無月、ピアニスト上野山英里により2011年12月結成。南米フォルクローレ、プログレッシブロック、ミニマルミュージック、即興、、、様々な要素が綿密にアレンジされた世界観の中に息づく。その神秘的な音楽は聴く者をどこか遠く、それでいてどこか懐かしい、異世界の旅へいざなう…。


Nao Naho 西村直樹(b) 柴田奈穂(v)


大崎弦太スイングトリオ 大崎弦太(gt,vo) 山本大暉(gt) 中川恭太(ba)